fukuzou’s diary

ひきこもりからの脱却,ブログ収益化までの備忘録

【収益化は難しい?】個人ブログは“オワコン”といわれるようになった理由とは?

スポンサーリンク

2021年1月、メインブログで何気なくブログ運営に関する記事を書きました。備忘録のつもりで書いたのに、毎日のように読まれていて驚いています。

 

www.entafukuzou.com

 

コロナの影響で、「副収入を得たい」という目的で、ブログを始める人が増えました。リベ大、マナブさん、ヒトデさんなどインフルエンサーの影響も大きいでしょう。

 

でも、ブログで収入を得るって、ものすごく難しいことです。この記事では、メインブログでは書きづらい、お金に関する生々しい話を語ってゆきます。

【初報酬は、たったの6円?】インターネットの世界では、1円稼ぐことだって難しい!

 わたしが、初めてインターネットのお仕事をして、“文章”でお金をもらったのは2017年。

 

副業をあっせんしてくれる「クラウドワークス」というサイトに登録し、

「ドラマの感想を300文字以内で書く」

という仕事を請け負いました。

 

執筆にかかった時間は50分。

報酬は8円。

クラウドワークスに手数料を取られますので、わたしの手元に入るのは、わずか6円でした。実際には、執筆前に45分かけてドラマを見ていますので、労働単価はもっと低いはずです。

 

「インターネットで稼ぐって、難しい」

心の底から、そう思わされました。

 

ブログで収益を得られるようになった今でも、この肌感覚は変わりません。

【収益化は難しい?】ブログは“オワコン”といわれるようになった理由とは?

 ブログで収益を得るにはアクセスが必要【検索ページに上位表示させなくてはならない】

ブログで収益を得るには、大きく3つの方法があります。

種類 内容 必要なスキル
アフィリエイト 企業さんの商品やサービスを紹介し、売れたら紹介料が入ってくる SEOライティング+セールス・ライティング
Googleアドセンス ブログに貼った広告がクリックされると、1クリックあたり20~30円ほどの広告料が入ってくる。 SEOライティング
物販 ブログで紹介したAmazonや楽天の商品が売れ、紹介料(数パーセント)が入ってくる SEOライティング

 

いずれの手段にしろ、収益を得るにはある程度のアクセスが必要です。

しかも、このアクセスというのは読者登録やブログ村経由ではなく検索エンジンからでなくてはなりません。

そのためにはSEOの勉強をして、自分の記事をGoogleやYahoo!の検索ページに上位表示させる必要があります。

専門家じゃないとアクセスを集められない? 企業サイトばかりが上位表示される!

ところが、いま、個人ブログを検索ページに上位表示させるのが、ものすごく難しくなっています。

大きかったのは、2018年から2019年にかけて行われた、Googleのコア・アップデートの影響です。これによって、情報の信頼性、権威性が重視されるようになります。

 

特に、「YMYL」(Your Money or Your Life)のジャンルでは、この傾向が顕著になっています。“お金”・“健康”といった人生に大きく関わる分野では、““信頼性が担保された企業サイト”が上位表示されるようになったのです。

 

 

試しに、「クレジットカード」という1語のキーワードだけで、検索をかけてみます。

 

【収益化は難しい?】ブログは“オワコン”といわれるようになった理由とは?クレジットカード

 

上位表示されているのは、JCB、三井住友VISAカード、価格コムなど企業サイトばかりです。かつて、「クレジットカード」というキーワードで、「クレジットカードの読みもの」というブログが、ベスト10内に表示されていたことがあります。

 

クレジットカードに関してどこよりも詳しく書かれており、はてなブログ界隈でも有名な個人ブログでした。ところが、2021年現在、100位以内にすら入ってきません。

 “信頼性”と“権威性”が重視されるようになったことで、専門家ではない個人ブログの多くは、圏外にはじき飛ばされてしまったのです。

 

 

コア・アップデートの影響は、「YMYL」の分野だけではありません。多かれ少なかれ、どのジャンルでも

「運用歴が長く、企業情報を公表しており、専門家の監修がついている企業サイト」

が上位表示されやすい傾向にあります。

個人ブログが厳しいのは事実! どこまで“本気”になれるかが、勝負

【収益化は難しい?】個人ブログは“オワコン”といわれるようになった理由とは?

わたしは、健康上の問題を抱えていたこともあり、始めから“ガチ”でブログに参入しました。交流目的の運営はいっさい行わず、コメント欄も外しました。

 

本業以外の時間はすべてブログ運営に注ぎ、

  • SEO
  • ブログ運営
  • セールス・ライティング

に関する本を10冊は買い、死ぬ気で勉強してきました。

 

現実世界でも大きな犠牲を払ってブログに賭け、1年後にようやく達成できたのは月収1万円。4つの異なるジャンルでブログを作って、2つは失敗してます。

まともに収益化できるまで、3年かかりました。

 

 

発信するジャンルはもとより、ブログ運営論、SEO、セールス・ライティングについて勉強し、自分でも試行錯誤を続ける必要があります。

 

\勉強できる人=稼げる人! !/

 

 

「ブログを始めた人の95%は、まともに収益化できずに辞めてゆく」

と言われています。

 

5%の人と95%の人をわけるのは、何か? 

“勉強量”(=発信するジャンルについての知識)と“本気度”(=ブログの研究に費やす時間)です。

 

  • manablogで有名なマナブさんは、セールス・ライティングや心理学に関する本を100冊も読んだそうです。
  • アフィリエイトの学校で有名なKyokoさんは、何百サイトも作りながらもドラマを見まくって、伝わりやすい言葉を研究したそうです。

 

「ブログでお金を稼ぎたい」なら、死ぬほど勉強が必要です。それができないなら、“別の働き方”を考えたほうがいいです。

収益を得るのは、初心者のかたが思うほど簡単ではありません。