fukuzou’s diary

ひきこもりからの脱却,ブログ収益化までの備忘録

ブログに向いていない人の特徴とは?【“向く”ように変わればいい!】

スポンサーリンク

わたしは2018年にメインブログを始めてから、まもなく4年を迎えます(当ブログはサブブログ)。

トータルで1,000記事以上を書き上げ、はてなブログ界隈で500を越えるブログの栄枯盛衰を見てきました。

 

ブログは、

「始めた人の9割が、1年以内に辞めてゆく」

世界。ブログが続かない人には、やっぱり共通点があります。

 

向いていない人の特徴を知ることで、“向いている”人間に変わればいい。そんな思いでこの記事を書きました。

だから続かない! ブログに向いていない人の特徴とは?

 1.“承認欲求”が強すぎる人

ブログに向いてない人,向いている人とは?【継続を妨げる3つの特徴】、承認欲求

「誰かにホメてもらいたい」、「“いいね”が欲しい」という気持ちは、ブログ運営者なら誰でも持っている感情です。それがモチベーションに繋がるなら、プラスに働くこともあります。

 

しかし、“承認欲求”も度が過ぎると、読者さんから引かれてしまいます。下図の赤で囲った部分を見てください。

ブログに向いてない人,向いている人の特徴とは?【始めてからギャップに気づく前に】承認欲求

 

実をいうと、検索ページからやってくる一般の読者さんは、書き手が誰かなんて、そこまで興味はありません

ところが、ブログ運営者は、ついつい自分のことをアピールしてしまいがち。

アクセスを集めたい一心で、読者さんに関係ないパーツでブログを埋め尽くしてしまうのです。

 

【 ブログ運営者の自己主張が強すぎる=読者さんを第一に考えていない 】

 

 

このように承認欲求が強い人は、ブログ村ランキングで上位を取ったり、はてなスターをもらえているうちは頑張って更新できます。

しかし、ひとたび評価をもらえなくなると、途端にやる気をなくしてしまいます。更新が止まりやすいタイプなのです。

 

 

かくいう私も、承認欲求にとり憑かれそうになった時期がありました。アクセスが半減しただけで、なんのために情報発信しているのかを見失いかけたのです。

そんな時、自分を戒めてくれたのが、「黒髪ピピピ」さんのYouTube動画でした。

 

▲クリックすると動画が読み込まれます。

 

「黒髪ピピピ」さんは現ユーチューバーですが、元々はてなブログの運営者。「まずは見返りを求めず、視聴者さん(読者さん)に奉仕すること」という教えは、金言です。

2.お金だけが目的の人

「月収5万は稼ぐぞ!」

「収入の柱を増やしたい!」

こんなモチベーションでブログを始めることは、悪いことではありません。

 

 

しかし、ここ数年でアフィリエイトの世界も様変わりしました。マーケティングの知識を持った企業サイトが、本腰を入れて参入しています。

加えて、2018~2019年にかけて行われたGoogleのコア・アップデートの影響により、

「企業情報を公開し、運営歴が長く、監修がついた企業サイトのページ」

が圧倒的に有利となっています。

 

いま、個人ブログは、ものすごく集客が難しいです。お金だけが目的だと、あまりの厳しい現実に打ちのめされるでしょう。

何でも構いません。お金だけでなくプラスアルファ、別のことにもやりがいを見出せるようにしたほうがいいです。

3.毎月のように運営報告をする人(≒すぐ他人と比較してしまう人)

不思議なことに、これをやっていると“十中八九すぐにブログを辞めてしまう”、という法則があります。

それは、「毎月のように運営報告をすること」です。

 

運営報告は、うまくいっている時は本人にとって楽しい行為。しかし、“いいね”をくれる読者さんすべてが、手放しでホメているとは限りません。ときには、妬まれます。

 

また、アクセスも収益も下降気味だと、運営報告が苦痛になります。恥をさらしているような気分となり、ブログの継続そのものが難しくなってゆくのです。

 

運営報告をする人は、他人のアクセスも気になる人。

うまくいっている人を見ると、ときに嫉妬し、ときに自分に失望してしまいます。

アクセスなんて、浮き沈みがあって当たり前。他人と比較するのもよくないし、過去の自分と比較するのも意味のない行為です。

 

どうしても運営報告をやるなら、「開設から1年目」とか「300記事達成!」とか節目だけにやったほうがいいでしょう。

ブログに向いている人の特徴とは?

ブログに向いてない人,向いている人とは?【継続を妨げる3つの特徴】、マイペースな人

ブログに向いてる人・・・これは、たったひと言に集約されます。

 

 

“マイペースな人”です。

 

読者登録が少なくても気にしない。他人が毎日更新しても、自分は自分。すぐに収益が出なくても、コツコツ記事を書き続けられる・・・

 

ブログ運営は、うまくいかなくて当たり前。

Googleアップデートを被弾してアクセスが半減したり、自信満々であげた記事がまったく読まれなかったり・・・

こんな状況にも一喜一憂しない人。周囲に不満をまき散らさない人。そんな“マイペースな人”がブログ運営に向いています。

まとめ

ここに挙げたのは、あくまで傾向です。

向いてない人の特徴に当てはまったからといって、気にする必要はありません。徐々に自分を変えていけばいいので。

 

ただ、ひとつだけ意識すべきことがあります。それは、

「まずは読者さんのために書く」

ことです。

 

SEOの本質は、“誰かの役に立つ記事を書く”ことです。これを意識できていれば、きっと読者さんを獲得できるはずです。