セカンド就職

ひきこもり、フリーター、就職失敗からの再出発を応援するブログ

【体験談】ひきこもりから脱出する唯一の方法は?立ち直るきっかけと,社会復帰のステップとは?

【体験談】ひきこもりから脱出する唯一の方法は?立ち直るきっかけと,社会復帰のステップとは?

「ひきこもり」「脱出」

この手のキーワードでGoogle検索すると、不安をあおり、ムリヤリ就職をうながす企業サイトばかり表示されます。

 

でも、今まさにひきこもりである皆さんからすれば、

また傷つくんじゃないかと思うと、他人と関わるのが怖い

なんとかしたいと思っているけど、カラダが動かないんだ

と、お悩みではないでしょうか?

 

この記事では、ひきこもりの当事者だった筆者が脱出したきっかけ、社会復帰のステップについてお伝えします。

【きっかけは自分自身?】ひきこもりから脱出する唯一の方法は?

結論からいうと、“ひきこもりから脱出する唯一の方法”は、

「もうそろそろ、外に出てもいいかな?」

という内なる声に、耳を傾けること。心の声に素直に従うことです。

 

人間には、誰しもバイオリズムがあります。皆さんもひきこもる前は、なんとなくカラダの調子がいい時、悪い時があったはずです。

【体験談】ひきこもりから脱出する唯一の方法は?立ち直るきっかけと,社会復帰のステップとは?

バイオリズムの変化は、ひきこもりでも同じ。

たとえ、ゲームをするだけの毎日、YouTubeを見るだけの毎日であったとしても、やはり心のバイオリズムはあります。

 

“なんとなく調子のいい時”を逃さず、思い切って外に出てみるのです。

【体験談】ひきこもりから脱出する唯一の方法は?立ち直ったきっかけは?

筆者がひきこもった原因は、「就職活動の失敗」でした。大学の友だちが大手企業に就職を決めてゆくなか、私だけいつまで経っても決まらず。ようやく採用された会社は望む仕事とは程遠く、“敗北感”を抱えたまま社会人生活をスタートさせたのです。

 

そんな状態では仕事が身に入らず、わずか数カ月で退職してしまいます。以来、3年もの間、ひきこもっていました。

>> 【体験談】大人のひきこもりはなぜ,テレビばかり見て,ゲームに依存するのか?

 

ニート時代の私は、近所のコンビニに行くとか、ちょっと離れた公園まで散歩することも不可能でした。外出といえば、向かいにある空き地で、弟とサッカーボールを蹴ることぐらい。“ガチガチのひきこもり”だったのです。

 

そんな、ある日のこと。

テレビでアカデミー賞の特集が放送されており、どうしても話題の映画を見に行きたくなりました。家族以外の人間とは、顔も合わせていない3年間。遠出するだけで、ストレスでした。

 

でも、このときばかりは

「あ。外に出てもいいかも」

という気持ちが芽生えていました。たまたま、心のバイオリズムが“上向きの状態”だったのです。

【体験談】他人からの視線が怖かった!でも、誰も僕を見ていなかった

【体験談】他人からの視線が怖かった!でも、誰も僕を見ていなかった

⇧ 殻をやぶるには、ほんの少しだけの“勇気”があればいい!

引きこもりが長期化すると、他人と関わることに“過度な恐怖”を感じることがあります。3年ひきこもった私も、映画館という「公共の場」に出てゆくことに、不安を抱えていました。

 

しかし、開場前の待合室では、スマホをいじったり恋人同士でおしゃべりしたり・・・当たり前っちゃ当たり前ですが、誰も私なんかに関心を寄せていません。

 

「なんだ。こんなものか」

と、安堵したものです。

 

 

ただし、中には、「対人恐怖症」「視線恐怖症」といった精神疾患を抱えているかたも、いらっしゃるかもしれません。

その場合は、知識を蓄えること、カウンセリングで相談してみることなどが、快復の一助となります。無理な外出をおすすめしている訳ではありません。

 

>> 対人恐怖症のカウンセリング・相談|うららか相談室

 

また、ひきこもりの子供をもつ、ご両親のかたもいらっしゃるでしょう。厚生労働省が管轄する支援機関や相談窓口がありますので、利用してみてください。

>> 全国の相談窓口はこちら|ひきこもりVOICE STATION

“お子さんが機嫌のいい時”に、ダメ元で外出に誘ってみるのも一つの方法かもしれません。

“型にハメる”のは間違い?ひきこもりの原因も特徴も、人によって全然違う!

  • 小学校の頃のいじめ。
  • 大学受験や資格の試験に落ちた。
  • 就職活動で失敗。
  • 失恋や、大切な人を失った。
  • 社会不安障害。

ひきこもりになる原因は、さまざまです。

 

また、最初に外に出るきっかけも、人によって違います。

  • 生活費が底を尽きた。
  • 家族が外出に誘ってくれた。
  • 年齢による焦り。
  • 家ごと引っ越すことになった。

ひきこもった原因も期間も人それぞれですので、“型にハメる考え方”は良くありません。

 

ただし、当事者だったひとりとして、社会復帰に必要なプロセスも感じています。それは、「小さな成功体験を積み重ねてゆく」ことです。

【体験談】ひきこもりから脱出する唯一の方法は?社会復帰のステップとは?

【体験談】ひきこもりから脱出する唯一の方法は?社会復帰のステップとは?

ひきこもりが長引くと、自己肯定感が低くなります。

私にできる仕事なんて、あるのかな?

なんかが、まともに社会生活を送っていけるか不安だよ

と、自分に自信を持てなくなるのです。

 

そこで、小さなことに喜びを感じ、成功体験を積み上げてゆくことをおすすめします。

・今日は3分も外に出られたぞ!
・部屋のゴミを捨てたら、なんか気分がいいな。
・コンビニで店員さんと会話できた!
・家族と同じ時間に起きて、朝食を食べられた!
・自分ひとりで電車に乗れた!

 

ご家族のかたが聞いたら、

えっ? そんな些細なことが嬉しいの?

と感じるかもしれません。

 

ひきこもりが長いと、一般の人にとっての日常も“非日常”になります。

「電車に乗る」「会社の人に挨拶する」「友だちに電話をかける」といった誰でもできる行動からも、遠ざかっているからです。マンネリした生活のため、喜怒哀楽も感じにくくなくなっています。

 

このため、やってこなかった行動ひとつひとつを肯定し、“喜び”を体感することが必要です。小さな達成感を積み重ね、人間的な感情と向き合うことで、自信を取り戻してゆけます。

やがて、「アルバイトしてみよう」「仕事を探してみよう」といったモチベーションも生まれてくるのです。

>>【体験者が語る】ニート明けのアルバイトおすすめ9選【選び方も解説】

まとめ

ひきこもりから脱し、冷凍庫内で日払いのアルバイトをしていた時のこと。職場には、やむにやまれぬ原因で“ドロップ・アウトした人たち”がいました。

  • 勤めていた会社が、突然倒産した人。
  • スマホゲームに課金しすぎ、200万の借金を負った人。
  • 自動車事故を起こし、運送会社を辞めざるを得なかった人。

 

このとき、私は思い知ったのです。

エスカレーター式に就職して、とんとん拍子で社会生活を送っている人ばかりじゃない。社会のレールから足を踏み外す人なんて、いくらでもいる。ひきこもりなんて、経歴のひとつに過ぎない、と。

 

自信をなくしているなら、階段を登るように取り戻していけばいい。いつもと違う行動をすると、いつもと違う視野が拓けてきます。